機械式時計というのは非常に格好が良いところが!

ステータス性があるのです

機械式時計はどうしても高額な商品になります。それでも十分に買う価値があるでしょう。何故かといいますとそれはステータス性があるからです。そもそも高い、と言うことが一つのステータスになるわけですから、そこがある意味ではアピールできる部分になっています。しかし、やはり機能性があるからこその時計です。機械式時計というのはクオーツには遥かに劣ることになりますが、それでも買うメリットはあります。持っていることがステータスであるからです。

資産として勘定されることも

機械式時計というのは、資産扱いになります。数万円、十数万円、或いは数十万円、ということも珍しくないからです。ですから、基本的にはかなり良い資産であるといえるでしょう。場合によってはプレミアムになることもありますから、実は購入した時の金額よりも高くなる場合があります。しかし、それはそこまで期待しないほうがよいでしょう。あくまで時計として楽しむ、ということを意識して利用したほうがよいです。それが賢明になります。

コンスタンスに掛かる費用

どうしても機械式時計は維持費がかかることになります。コンスタンスにかかる費用を意識しておいたほうがよいでしょう。それがオーバーホール代です。これは機械式時計を分解して、埃などを取ったり、微調整をする作業であり、これができるからこそ、一生使える時計として機械式時計はその地位を確立しているわけですが、はっきりいってかなりお金がかかることになります。少なくとも数万円、それも数年に一度はやることになります。

ウブロは成功者が持つ時計として経営者や自営業者にとってあこがれの存在の時計です。その独特なフォルムも腕にすっとなじむ感覚も愛着がわくものです。